【負け期を抜け出すために】中村俊輔選手の言葉から学ぶ【ウイイレアプリ】【ウイイレ】

f:id:tukigo:20190729183426j:plain

 

ご覧いただきありがとうございます。

つきご(@tukigo)ともうします。

 

 

 【負け期を抜け出すために】中村俊輔選手の言葉から学ぶ【ウイイレアプリ】【ウイイレ】

何故かわかりませんが、急に勝てなくなることが多々あります。

自分の実力的に、レートは800を超えていると思っているのですが、一旦レート700に落ちると、1ヶ月位はそのレート帯で、平気でとどまってしまったり・・・。

 

もしかしたら、今の自分の実力がこのレート帯なのか?と考えたりもしますが、レート800に復帰すると、それなりの試合をすることができます。

上記のようなツイートをしつつ、自分に言い聞かしておりますが・・・。

確かに、あきらかに理不尽な失点からの敗戦というのも多々ありますが、その反面、レート上位の方々は、何連勝もされております。

 

ということは、実力が拮抗して入りからこそ、理不尽が生まれるのであって、実力があれば、われわれが考える理不尽を凌駕する強さがあるのだと考えております。

 

日本が誇る、天才レフティーの中村俊輔選手もおっしゃっています。

言い訳をしようと思ったら、材料はいくらでもある。

でも、それって自分には何もプラスにならないし、かえって足を引っ張ることになる。

 

身にしみます。おっしゃるとおりです。

 

・CPUの動きやポジショニングがおかしい。

・5連勝目を迎えると、相手のシュートがよく入る。パスが通る。

・ エフェクトのプログラムが入っている。

など、コナミエフェクトと言われる現象が、まことしやかに、ささやかれておりますが・・・。

 

それを認めてしまえば、そこで自分の成長は止まるんです。やっぱり。努力しなくなるから。

ほんと、自分には何もプラスになりません(泣)

 逆を言えば、素直に真面目に取り組んでいくことが、一番有益ということでしょうか。

 

中村俊輔選手が、おっしゃるのだから間違いありません!

素直に真面目に、失点した結果を分析していこうと、心を引き締めたしだいです。

 

 

 現実を真摯に受け止めて、もがく!

もがく!

もがく!です!

 

出口の見えない、負け期。

どんなに状況が悪くても、

また負け試合か・・・。と試合を投げ出すのではなく。

できることをいろいろやってみて、

とにかくもがく!

さすれば、プレーヤーとして大きくなっていくのです。

もがきましょう。

 

経験に無駄なものなど一つもない!

日本最高のファンタジスタ究極の覚書です!