レベマ総合値88!ルベン・ロフタス・チーク!有能銀玉選手紹介!【ウイイレ2020】【ウイイレアプリ】

f:id:tukigo:20190926173000j:plain

 

 

同一選手が3体あつまればトレードで、好きな選手と交換できますが、その際に獲得すべきオススメの銀玉選手をご紹介します。 

 

 

 

レベマ総合値88!ルベン・ロフタス・チーク!有能銀選手紹介!【ウイイレ2020】【ウイイレアプリ】

 

ルベン・ロフタス・チークの基本情報

f:id:tukigo:20190926173511j:plain

イングランドリーグは、チェルシー所属の23歳の選手です。

 

 

ルベン・ロフタス・チークレベルマックス能力値

レベル38

オフェンスセンス 82
ボールコントロール 88
ドリブル 89
ボールキープ 86
グランダーパス 85
フライパス 79
決定力 77
ヘディング 76
プレースキック 65
カーブ 67
スピード 81
瞬発力 83
キック力 80
ジャンプ 79
フィジカルコンタクト 90
ボディコントロール 82
スタミナ 89
ディフェンスセンス 76
ボール奪取 76
アグレッシブネス 77
逆足頻度
逆足精度
コンディション安定度
年齢 23
身長 191
利足
総合値 88

 

 

 

レベルマックスにすれば、総合値は88です。

191センチという恵まれた体格。フィジカルも90と強いです。

この体格で、プレースタイルが「2列目からの飛び出し」です。

どちらかといえば攻撃を得意とする選手ですので、バイタルに抜けてくれば脅威です。

 

スキルも「ダブルタッチ」をもっていて、ドリブルも上手いという意外性。

 ただ、最大レベル上限が38と育成が大変なので早めの獲得をオススメします。 

 

ルベン・ロフタス・チーク1能力値

f:id:tukigo:20190927212633j:plain
自慢の体格からのフィジカルの強さは、育てる前でも魅力です。

 

 

ルベン・ロフタス・チークのスカウト情報

 

調査中m(_ _)m

 

 

ルベン・ロフタス・チークのプレースタイル解説

攻撃時には常にゴール前に出ることを意識するプレースタイルです。

MFのプレースタイルではかなりおすすめできるプレースタイルの一つ。

攻撃のときにどんどん駆け上がってきてくれるので、中盤にこのプレースタイルの選手を一人置くと攻撃の厚みが非常に増します。

そして中盤から裏抜けしてくれる動きをしてくれるのもGOODポイントです。
引用Boooost

 

 

ルベン・ロフタス・チークの保有スキルの解説

ダブルタッチ

・すばやいダブルタッチができるようになります。

コマンド

進行方向が右の場合

【Rスティック】の上または下を入力したまま【Lスティック】

※かなり実用性の高いスキルです。ドリブル能力の高い選手は保有していてほしいです。  

エッジターン

・すばやいエッジターンができるようになります。

コマンド

進行方向が右の場合
【Rスティック】の右を入力したまま【Lスティック】上から時計回りに回転させる。

※実用性が高いスキルです。サイドから中に切り込む際に、タイミングを良く見て発動させればつよいです。

ノールックパス

・視線で相手を惑わせて意表をつくパスができます。

※正直、なくてもいいスキル。ほぼ、演出用のスキルになっています。

www.tukigo.work

 

 

ルベン・ロフタス・チークの情報

パワーとテクニックを兼ね備えた万能型

ロフタス=チークは、191cm88kgという大柄な選手です。あのポール・ポグバと同じような体格の持ち主です。そのためロフタス=チークは、大型MFとして大きな注目を浴びています。

体格からわかるようにパワフルで、フィジカルを生かすプレーが多く散見されます。また、ロフタス=チークはテクニックも兼ね備えています。細かなボールタッチでドリブル突破も出来るし、ポグバには劣ってしまいますがパス精度も高いものがあります。

ポグバと似たような系譜ですが、他にはマンチェスター・シティで活躍したヤヤ・トゥーレやチェルシーのバラックに似た選手です。両者とも大きな体格をしていますが、高いテクニックを持ち合わせていた選手です。最終的にはロフタス=チークも同じような活躍をして欲しいですね。

関連記事 ポグバってどんな選手?プレースタイルなど徹底解説

191cmという体格を生かしたボールキープ

ロフタスチークの醍醐味は、強く大きな体を生かしたボールキープ力です。フィジカルも強く足元の技術も高いため、相手のプレスを回避することができます。手足のリーチが長いため、ボールに触らせないキープをロフタスチークはします。

複数人に囲まれたらピンチになりますが、1対1であれば、ボールロストが非常に少ない選手だと思います。巨体を生かしたボールキープは、ロフタスチークの大きな武器です。

パスのアイディアが増えれば手がつけられない

恵まれた体格かつ足元の技術が高いロフタスチークですが、まだまだ課題は山積みです。ポジショニングや守備などあらゆる面を強化しなければ、チェルシーでは絶対的な選手になりません。

特に伸ばして欲しい面がパスのアイディアです。ロフタスチークは、試合を見る限り単調なパスしか出せません。いわゆる”繋ぐ”のみのパスです。それだけであれば、相手に脅威を与えることができません。

だからこそロフタスチークは、パスのアイディアや選択肢を増やし、前線にキーパスを送れるような選手になって欲しいですね。そうすれば攻撃に選択肢が与えられ、幅広い攻撃を行えると思います。

引用:ロフタスチークってどんな選手?プレースタイルを徹底解説

www.youtube.com